KNITTING MACHINE

1 of 5
  • 令和6年もよろしくお願いいたします

    令和6年もよろしくお願いいたします

    いつもありがとうございます。 謹んで新年のご挨拶を申しあげます。旧年中は格別のご厚情を賜り、心より御礼申しあげます。本年もより一層のご支援・お引立てを賜りますよう、お願い申しあげます。 一つ一つ、一日一日を大切に過ごしていきたいと思っています。   元日から、能登半島を中心とした震災のニュースに心苦しく、悲しい思いです。   企業での寄付受付は可能ということですので、弊社も靴下の寄付を検討しております。 寒い避難所に届くと嬉しいです。 もう少し落ち着いて、被災地への物資の流通がスムーズに行われるようになったら、配送手続きをいたします。   当日は、ここ群馬でも緊急地震速報が鳴り響きました。慣れない音に、我が子たちも怯えていました。 昨年、一昨年と2年連続で遊びに行った能登半島。 美しい海や、景色、釣りを楽しんだあの場所が、ニュースで見る限り全く異なる様相となっていました。   被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。    

    令和6年もよろしくお願いいたします

    いつもありがとうございます。 謹んで新年のご挨拶を申しあげます。旧年中は格別のご厚情を賜り、心より御礼申しあげます。本年もより一層のご支援・お引立てを賜りますよう、お願い申しあげます。 一つ一つ、一日一日を大切に過ごしていきたいと思っています。   元日から、能登半島を中心とした震災のニュースに心苦しく、悲しい思いです。   企業での寄付受付は可能ということですので、弊社も靴下の寄付を検討しております。 寒い避難所に届くと嬉しいです。 もう少し落ち着いて、被災地への物資の流通がスムーズに行われるようになったら、配送手続きをいたします。   当日は、ここ群馬でも緊急地震速報が鳴り響きました。慣れない音に、我が子たちも怯えていました。 昨年、一昨年と2年連続で遊びに行った能登半島。 美しい海や、景色、釣りを楽しんだあの場所が、ニュースで見る限り全く異なる様相となっていました。   被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。    

  • 天然素材100%の靴下作りが難しい理由

    天然素材100%の靴下作りが難しい理由

    時々、お客様の中に、化学繊維が肌に合わなくてお悩みになっている方、締め付けが一番ない靴下をお求めになる方がいらっしゃいます。   「この前雑貨屋さんに売ってたのよ〜」と言われますが、それってよく表記を読むと違っていたりします・・・     綿100%、シルク100%といった靴下を作ることは、とても難しく・・・ かなり少ないです。   なぜなら、足を包む形状である靴下は、ボトムスやトップスとは違って、フィットすることが履き心地に直結してきます。 シルクやウール、綿や麻などの天然繊維は加工しない限り、伸び縮みはしません。 (メリヤス編みなど、編み方を工夫することで生地にしたときに伸縮性を少し出すことはできます)   履いているうちにずり落ちてしまうことがあっては、履き心地が良いとは言えません。 日中活動するときには、もたついたり、ずり落ちた靴下を何度もあげたりしたくないですよね。   そのため、多くの靴下には裏糸と呼ばれる、目には見えない糸の部分にナイロンやポリエステル、ポリウレタンといった糸が一緒に編まれています。  伸縮性のあるポリウレタン、それを包むナイロンなど・・・この糸を一緒に編むことで、伸び縮みする、フィット感のある靴下ができます。 むしろ、これがあるから、いいんです。大事な部分です。   時折、裏糸以外綿100%!といった表記のアイテムを他社さんのアイテムで見ますが、それもつまりはポリエステルなどの糸は実際には含まれているということです。 それでもポリウレタンの種類を工夫したりすることで、締め付けの少ない靴下作りはできます。   レッグウォーマーやアームカバーなどは、フィット感が強い必要がない場合、たむら靴下店でもシルク100%など多く作っていますが、靴下では挑戦していませんでした。   しかし、今回、完全に裏糸のないシルク二重ソックスのOEM製造の依頼をいただき、たむら靴下店としても少し形状を変えワンカラーのみ製造、販売してみる運びとなりました。  こちらの「おやすみソックス」です。   締め付け少なく、ゆるゆるな二重ソックスです。 でも間違いなく、シルク100%のインナーと、外側は綿100%のソックス。 寝ている時にも二重ソックスをご愛用の方には、特にこちらの靴下をおすすめいたします。...

    天然素材100%の靴下作りが難しい理由

    時々、お客様の中に、化学繊維が肌に合わなくてお悩みになっている方、締め付けが一番ない靴下をお求めになる方がいらっしゃいます。   「この前雑貨屋さんに売ってたのよ〜」と言われますが、それってよく表記を読むと違っていたりします・・・     綿100%、シルク100%といった靴下を作ることは、とても難しく・・・ かなり少ないです。   なぜなら、足を包む形状である靴下は、ボトムスやトップスとは違って、フィットすることが履き心地に直結してきます。 シルクやウール、綿や麻などの天然繊維は加工しない限り、伸び縮みはしません。 (メリヤス編みなど、編み方を工夫することで生地にしたときに伸縮性を少し出すことはできます)   履いているうちにずり落ちてしまうことがあっては、履き心地が良いとは言えません。 日中活動するときには、もたついたり、ずり落ちた靴下を何度もあげたりしたくないですよね。   そのため、多くの靴下には裏糸と呼ばれる、目には見えない糸の部分にナイロンやポリエステル、ポリウレタンといった糸が一緒に編まれています。  伸縮性のあるポリウレタン、それを包むナイロンなど・・・この糸を一緒に編むことで、伸び縮みする、フィット感のある靴下ができます。 むしろ、これがあるから、いいんです。大事な部分です。   時折、裏糸以外綿100%!といった表記のアイテムを他社さんのアイテムで見ますが、それもつまりはポリエステルなどの糸は実際には含まれているということです。 それでもポリウレタンの種類を工夫したりすることで、締め付けの少ない靴下作りはできます。   レッグウォーマーやアームカバーなどは、フィット感が強い必要がない場合、たむら靴下店でもシルク100%など多く作っていますが、靴下では挑戦していませんでした。   しかし、今回、完全に裏糸のないシルク二重ソックスのOEM製造の依頼をいただき、たむら靴下店としても少し形状を変えワンカラーのみ製造、販売してみる運びとなりました。  こちらの「おやすみソックス」です。   締め付け少なく、ゆるゆるな二重ソックスです。 でも間違いなく、シルク100%のインナーと、外側は綿100%のソックス。 寝ている時にも二重ソックスをご愛用の方には、特にこちらの靴下をおすすめいたします。...

  • 手首ウォーマー2色完成しました!

    手首ウォーマー2色完成しました!

    今年は2色完成しました! 肌側シルク二重編み手首ウォーマーです。 しっかりした生地感、あったかいですよ〜 男性にもおすすめです!   今年はたっぷり作りましたので、昨年のような早期完売はないはずです!   手袋よりお手軽につけられる手首ウォーマーをよろしくお願いいたします!    

    手首ウォーマー2色完成しました!

    今年は2色完成しました! 肌側シルク二重編み手首ウォーマーです。 しっかりした生地感、あったかいですよ〜 男性にもおすすめです!   今年はたっぷり作りましたので、昨年のような早期完売はないはずです!   手袋よりお手軽につけられる手首ウォーマーをよろしくお願いいたします!    

1 of 3